むし歯の原因 第1位は??? 〜小児歯科専門医の子どものお話し vol.8 ~

こんにちは。小児歯科専門医の永野です。

前回は、最近むし歯が増えているというお話を書きました。

https://natural-hashimoto.jp/child/20210213/

むし歯治療、イヤですよね。

大人も子どももイヤです。

 

では、むし歯になる一番の原因は何でしょうか???

歯みがきが上手にできていないから?

フロスや歯間ブラシを使っていないから?

 

 

むし歯になる一番大きな原因は、

 

「食べたり飲んだりしている砂糖の量」

です!!

 

 

フッ素塗布やフッ素入り歯磨き粉の使用を継続して

歯の質をしっかりと強くして

毎日歯みがきとフロスで完璧に汚れを落とせているとしても

 

 

お菓子やジュース等で

「お口の中に入ってきている砂糖の量」

が多ければ絶対にむし歯ができてしまいます。

 

ではどうすればよいでしょうか?

 

おやつや飲み物の種類にちょっと気を付けて

・砂糖に頼らない食生活

・ダラダラ飲食しない

 

これだけで

汚れや唾液の質が良くなって

むし歯になるリスクは非常に低くなります。

特に「おやつ=お菓子」ではありません!!

おススメのおやつは、

果物や、サツマイモやトウモロコシなどの野菜類、チーズなど

エネルギーと同時に栄養の補給ができるもの。

特に食物繊維が多く含まれている物は

食物繊維が汚れを落としてくれます。

 

 

でも、甘いものを絶対に食べてはいけないというわけではありません。

平日は、「おススメのおやつ」を、

週末やお友達と遊んだ時、いただき物をした時

お誕生日会などの時は

「時間と量を決めてお菓子も食べる」

ようにしたりして

「メリハリをつければいい」のです。

 

たとえ子どもが上手に歯みがきをさせてくれなくても

これさえ守っていれば、むし歯にはなりにくい。

 

もちろん、

夕食後から寝るまでの間に

できる限り、

口の中の汚れを歯ブラシとフロスで取り除いて

キレイに「リセット」してから寝るようにしましょう。

 

甘い食べ物は一切口にしないからむし歯にならないし・・・

と歯みがきしないと

歯ぐきが腫れて出血します。

歯肉炎です。

大人になれば、より重い歯周炎につながります。

 

 

子どものうちから、そしてご家族の全員で

お口の健康を守る良い習慣を身につけましょう!