乳歯と永久歯の違い

こんにちは。

歯科医師の吉岡です。


4月になって新年度が始まり、生活環境が変わったお子さんも多いのではないでしょうか?

 

だんだん乳歯から永久歯へと、はえかわってきているお子さんもいると思います。

 

そこで、

「永久歯がはえてきたけど、乳歯と比べて色や形が違う」

と思うこともあるのではないでしょうか?

 

乳歯と永久歯を比べると、

・色が少し黄色っぽい

・永久歯の方が大きい(前歯の場合)

といった見た目の違いがあります。

 

色が黄色っぽいのは、永久歯の特徴なので

多くの場合は問題ありません。

 

また、大きさに関しては、個人差がありますが、前歯の場合、

乳歯の1.5倍ほどの大きさの永久歯がはえてくることが多いです。

そのため、乳歯のときは歯ならびがキレイでも、永久歯がはえてくると歯が重なったり、

ななめ向きにはえたりすることがあります。

 

永久歯がはえてもキレイな歯ならびにするには、

乳歯の時点で歯と歯の間に隙間がある(あごがしっかり大きく成長している)と良いですね。

 

 

当院では、あごを大きく育てるような生活習慣の指導を行っております。

詳しくは、ナチュラルキッズクラブのページをご覧ください。

https://natural-hashimoto.jp/natural-kids-club/

あごを大きく育てる生活習慣は、健康的に長生きすることにも繋がります。

是非みなさんで健康的な生活習慣を身につけましょう!