夏に大事な水分補給 〜小児歯科専門医の子どものお話し vol.11〜

小児歯科専門医の永野です。

毎日酷暑ですね。子ども達は夏休みになりしばらく経ちましたが、お元気でお過ごしですか?

 

夏休みの生活については、昨夏のブログもお読みくださいね。

夏休み中も元気いっぱいで過ごすコツ!!

https://natural-hashimoto.jp/child/20200803/

 

とにかく暑いので、熱中症予防でしっかり水分補給をして下さい、

とあちこちで言われていますね。

そこで気を付けてほしいのが「飲み物の種類」です!

ついついジュースや炭酸飲料が多くなっていませんか?

 

ご想像通りだと思いますが

ジュースや炭酸飲料、スポーツドリンクの飲みすぎは

確実にむし歯を増やしてしまいます。

頼りすぎないようにお願いします!

 

 

そして、

皆さんは「ペットボトル症候群」というのをご存知ですか?

 

「糖分の多い甘い清涼飲料水の飲みすぎ」で起こる病気です。

 

 

すごく喉が渇いたり

しょっちゅうトイレに行きたくなったり

体がだるくて仕方なかったり

お腹が痛くなったり

気持ち悪くなったりします。

ひどいと意識障害が出たりもします。

 

糖尿病と診断されていなくてもなりますし

甘い飲み物の飲みすぎ → 喉が渇く → さらに飲む

と悪循環になります。

 

甘い飲み物の飲みすぎは

むし歯になるだけでなく

身体にも良くないですね。

 

ジュースや炭酸飲料だけでなく

あまり甘味を感じないスポーツドリンクも実は糖分が多いですし

オレンジジュース・リンゴジュース・野菜ジュースなども

加糖はしていなくても糖分が多いので要注意です。

 

紅茶飲料や缶コーヒーなども糖分が多いうえに

カフェインの利尿作用で身体から水分が出て行きます。

 

また、夏に美味しいアイスは

溶けると甘いジュースと同じなので

アイスの食べすぎにも気を付けてくださいね。

 

水分補給には、麦茶が一番オススメです!!

適切な水分補給で、暑い夏も乗り切りましょう。