日本顕微鏡歯科学会の認定医試験に合格!

当法人の理事長の遠藤が日本顕微鏡歯科学会の認定医に合格しました。

全国の歯科医師の中でもまだ120名ほどしかいない認定医になります。

相模原市の中でも二人目となり、緑区では初の顕微鏡歯科学会認定医で、今後橋本地域でも顕微鏡歯科が当たり前になるような活動を当院でもしていきます。

 

顕微鏡歯科は歯科医師だけかというとそうではありません。

衛生士も使用しています。

先週末には、外部講師を招いて、衛生士も顕微鏡のトレーニングをしています。

 

歯科医師も衛生士も顕微鏡を使用することで、治療の精度は大きく飛躍します。

今後も認定医の理事長の指導の下、それぞれが研鑽を積んでいきます。