親知らず

親知らず

親知らずとは、お口の中の一番奥に生えてくる歯です。「親知らず」という名前の通り、基本的には子供が親元を離れたときくらい――大体20代前後に生えてきます。
親知らずの生え方は人によって様々です。また同じ人であっても、上下で生え方が違うなどとても複雑あり、ときとして難易度の高い治療となることがあります。

当院では、親知らずについて確かな知識と経験を持った歯科医が、充実した設備で治療に当たっています。

親知らずの治療

先述したように、親知らずは他の歯が生え揃ったあとに口内の一番奥に生えてきます。そのため、すでに生えている歯を押しのけたり、真横や斜めを向いて生えてきたりすることがあります。

また、他の歯への影響が比較的少なく生えてきた場合でも、奥まった場所にあるため歯ブラシがうまく届かずブラッシングが不充分になり、むし歯や歯周病を引き起こしがちです。そのことから「親知らずは抜いてしまった方が良い」と一般的に言われていますが、必ずしもそうだというわけではありません。

以下に抜いた方が良い親知らず、抜く必要のない親知らずについてお話しします。

抜いたほうが良い親知らず

まっすぐ生えてくるスペースがないため、他の歯を押しのけるようにして生えてくる親知らずがあります。このような歯は隣の歯を動かし、やがて全体の歯並びに悪い影響を及ぼす危険性があるため、抜いた方が良いと判断されることが多いです。

また表には出てこずに、歯茎や骨の中に埋まったままという親知らずもあります。これらは一生生えてこないこともありますが、表面にできた傷から細菌が入り込み炎症が起こると、周囲の健康な歯にも悪い影響を及ぼすことがあります。そのため、このような場合も抜くことが推奨される場合が多いです。

抜かないほうが良い親知らず

まっすぐ生えてきた親知らずの中には抜く必要のないものがあります。これは後々に義歯の一種であるブリッジを支えるための土台に活用したり、他の場所で歯が失われたときの再生移植に用いたりすることができます。

当院の親知らず治療

親知らずの抜歯は、一般的には他の歯に対するものよりも難易度が高くなるといわれています。それは親知らずが奥まった場所に生えているため、治療の視野が狭かったり、内部に埋まっていて切開手術を伴ったりするからです。そのため、歯科医院によってはその医院では治療ができずに、地域の大学病院など人と設備の整った別の医院を紹介することもあります。

当院の歯科医は、親知らずに関して確かな知識と経験を持つスペシャリストです。そのためその親知らずがどのような状態にあるのか、抜いた方が良いか抜く必要がないかを的確に判断することができます。そして実際に抜歯する際には、最適な治療を提供します。

切開手術を伴う場合には、切り開く部位を最小限に留め、術後の腫れや痛みを最小限に抑えるような工夫もしています。

親知らずでお悩みの方、他院ですぐに抜く必要があると言われた方は是非当院に一度ご相談ください。