鉄とビタミンC が重要だった!

 

今朝、温度計を見ると30℃!

まだ7時30分だったのに。

 

管理栄養士の横内です。

私はすこし夏バテ気味で、食事量と水分量が減らないように気をつけています!

みなさんは夏バテしていませんか?

院内にも夏バテ対策が掲示されているので

ぜひ参考にしてみてください😌

 

 

 

先日、歯科衛生士の加藤さんと

分子栄養学指導認定カウンセラー まごめじゅん先生

分子栄養学入門講座 

分子栄養学の基本口腔衛生との関わりという

セミナーに参加してきました。

 

 

 

人の身体は、

分子(たんぱく質、脂質)が集まって、細胞

細胞が集まって、組織

組織が集まって、臓器

臓器(心臓、筋肉)が集まって、身体

という構成でできています。

分子栄養学は身体におこる症状を、分子レベルでみていくことです。

 

なんだか難しい~と感じると思いますが、具体的にどんな内容なのかお話します😌

 

 

 

 

かゆみがあって掻いたり、気付いたら皮下出血ができていることありませんか?

ちなみに私はかなりあります。

あれ、こんなところぶつけたっけ( ^ω^)・・・。みたいな(笑)

 

 

これには、コラーゲンなどの栄養素がすご~く関わっているようです。

 

 

美肌効果があるとして、さまざまなな種類のコラーゲン商品があります。

ちょっと飲んでみようかな

と手に取ったことがある方も多いはず・・・

 

本当に効果があるのでしょうか?

 

 

コラーゲンとは、タンパク質の1種で、身体を構成する体タンパク質の約30%をコラーゲンが占めています。

体内のコラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や血管に存在します。

コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぎ合わせる接着剤のような役割を果たし、

皮膚組織を構成し、柔軟に、丈夫にしてくれます。

 

この役割を果たすためには、ビタミンC と鉄が必要不可欠で、

不足していると接着剤としての役割を果たせなくなります。

皮膚組織を作る細胞の接着が弱いと、掻いたり、少しの衝撃で細胞が破壊され、

皮膚の内側で出血してしまいます。

 

気付いたら皮下出血の原因は、コレです。

ビタミンCと鉄が不足していたみたいです。((+_+))

 

コラーゲン商品も数多くありますが、ビタミンCと鉄が不足していると、

コラーゲンとして力を十分に発揮できません。

鉄はコラーゲンのためだけでなく、女性は不足しがちになるのでより意識して摂取してほしいと思います。

 

 

鉄やビタミン類が不足しているから摂らないと!

頑張りすぎて、楽しい食事ができないと

胃腸の働きが悪くなるので、まずは自分の食事のバランスを考えてみることから始めてみましょう☺

 

 

 

 

さまざまな身体の症状から、どのような栄養状態であるか、どういう風に栄養素を補給するといいのか、

難しい内容にはなりますが、わかりやすくお話してくださる先生だったので楽しく受けることができました😁

栄養とお口との関わりを皆さんに発信できるようにこれから知識を深めていきたいと思います。