小児予防歯科

むし歯予防プログラム

乳歯の歯の質は永久歯に比べて柔らかいため、乳歯はむし歯になりやすくて進行も速く、さらに、ひどくなっても痛みを感じないことが多いという特徴があります。

小児歯科において最も大切なことは、むし歯治療よりもむし歯予防です。むし歯になった後に治療するのではなく、そもそもむし歯になることを予防することが最善策です。乳歯のうちから口の中を良い状態に整えておくことが、良好なお口の成長や永久歯の生え替わりに不可欠です。

当院では以下のむし歯予防プログラムを重点的に行っております。

ブラッシング指導

歯科医院でどれだけ治療やケアを行っても、自宅で行う毎日のセルフケアを徹底しないことにはむし歯予防はできません。

小さいお子様はまだ口が大きく開けられず、お口の中や乳歯自体も小さいため、仕上げ磨きも大変です。また、乳歯が生えている途中や永久歯への生えかわりが進んできた時に、歯の生え具合でどこに重点を置いて磨けばいいのかも変わってきます。

当院のブラッシング指導はお子様だけにするのではなく、保護者の方にもお子様の年齢に応じた仕上げ磨きのコツや歯ブラシの選び方などをお伝えし、お勧めの歯ブラシや歯磨き剤などの紹介や販売もしております。

シーラント

シーラントは、奥歯にある深い溝を虫歯になる前に樹脂で埋めておく処置で、溝に汚れが溜まることでできるむし歯を予防します。アメリカにおいてはお子様だけではなく大人の予防歯科でも使われている方法です。

フッ素塗布

フッ素は、歯の表面のエナメル質を硬くすることでむし歯への抵抗力を強める薬で、特に歯と歯の間や舌側、頬側などの歯の滑沢面のむし歯予防に効果を発揮します。特に生えたての歯の質はまだ柔らかく、この時期にフッ素塗布をすると吸収が良いため、歯が早く硬くなります。歯科医院でのフッ素塗布は、年に3-4回行うと一番効果が高いと言われています。当院では通常は検診毎にフッ素塗布(無料)を行っております。

※シーラントとフッ素塗布ではむし歯予防の守備範囲が全く異なるので、両方とも行うことがお勧めです。