当院のこだわり

カウンセリング

患者さんご自身に自分のお口の中の状態を分かって頂きたい。

当院が治療をすすめていく上で、一番大事だと考えていることは、まず自分のお口の状態をしっかりとご自身で把握してもらうことです。

お口の中の状態は人それぞれです。歯並びだけでなく、歯の形やその質に至るまでです。見た目がそれぞれ違うように、むし歯になりやすい人や歯周病のリスクが高い方もいらっしゃいます。その上、治療したことがあればかみ合わせ等が複雑な状態になっていることもあります。

そのため当院では初診時にレントゲン検査をはじめ複数の検査をすることで、診査・診断をしっかりと行います。もちろん急性症状があれば、痛みの除去を最優先いたしますが、痛みが取れ次第、診査・診断を行います。

治療を始める前に診査・診断にしっかり時間を割くことで、今後どのようにして治療をしていき、治療完了というゴールに向かうかを患者さんに理解して頂きます。今どこにむし歯があって、歯周病がどれほど進行していて、治療の必要があるのかないのか等を担当歯科医師・歯科衛生士がタッグになって伝えます。そのようにして自分自身のお口の状態を知って頂いてから治療が始まります。

『今何をしていて、これから何をしていくのかわからない。何回治療のために通院し、いつ治療が終了するのだろう?』

歯医者さんで治療していてこのように思った方もいるのではないでしょうか。当院ではそんな思いを少しでも減らすためこのスタイルで患者さんに対応しています。

管理栄養士

『なぜ、歯医者で管理栄養士??』そう思われるかもしれませんが、お口は食事のスタート地点であり、体全体の健康と密接に関わっています。

歯周病は「生活習慣病」の一つです。
歯垢だけではなく乱れた食生活やストレスが原因なので、予防のためのクリーニングを受けていただくとともに食生活を改善することで、発症リスクを大幅に下げることができます。

また、歯周病になると糖尿病の発症する確率がグンと上がります。

当院では予防歯科に力を入れており、患者さんの日々の食事を改善することで、お口だけではなく、様々な病気の予防をお手伝いさせていただきます。

食育の大切さについて

徹底した滅菌管理

現在メディアで取り上げることが多くなった歯医者さんの感染対策に一石を投じるような、“魅せる滅菌室”を構築しております。

院内感染は今や社会問題として取り上げられていますが、特に歯科診療は、治療に多くの道具を使用するすることから、極めて厳密に対策を行う必要があります。そのためには多くの経費を投資しなければなりませんが、当院では医療施設として、最も基本的で重要な事だと考え取り組んでいます。

当院の滅菌施設は全て患者さんの目の届く箇所にあり、すべての滅菌工程を患者さんにもご覧いただけます。どんな機材を使っているのか、どんな作業をしているのか、気になることがあれば何なりとご質問ください。

滅菌管理について詳しくはこちらをご覧ください

マイクロスコープを使った精密な治療

今まで手探りで行っていた治療が確実に目で見る治療に変わってきました。
今までの歯科治療は大部分が肉眼頼りで、狭い口腔内を手探りや感覚だけで治療を行うこともありました。
そのため見えないところは健康な歯を削りすぎてしまったり、悪いところを残してしまうなどの問題が存在しました。

歯科用マイクロスコープにより、高倍率で歯を直接見ながら治療することが可能になり、より確実で精度の高い歯科治療が行えるようになりました。当院では3台のマイクロスコープを導入し、患者さんのお口の環境を守るべく活用しております。

当院の顕微鏡診療について詳しくはこちら

歯科技工所併設

歯科技工所とは、「つめ物やかぶせ物、入れ歯などの技工物を作る工場」のようなところです。通常、歯科医院内で製作することはなく、外部の歯科技工所に注文する歯医者がほとんどです。

歯科医師が行うのは、患者さんのお口の型取りまで。詰め物などは、その型を提携する歯科技工所に郵送して製作されます。

しかし当院では歯科技工所を院内に併設しているため、診察→型取り→製作→着用までの工程を一医院で完結させることが可能です。

そのため、必要があれば歯科技工士が直接患者さんのお口を拝見することも可能ですし、担当の医師との綿密なコミュニケーションをとり、患者さんによりピッタリとあう技工物を作製することが可能です。

当院の入れ歯治療について詳しくはこちら