審美歯科

審美歯科

歯科治療における通常の治療はむし歯や歯周病などの症状を改善することにのみ重点を置いています。もちろん治療ですので症状が良くなればそれで成功しているといえますが、中には治療前より治療後の方が見た目が悪くなってしまうことがあります。そういった通常の歯科治療に対して『審美歯科』は機能の回復だけでなく見た目を美しく改善する事に重点を置いた歯科治療です。

審美歯科において実現できること

審美歯科では機能面だけでなく、歯や口周りを美しくする、もしくは美しさを取り戻すことができます。
顔の印象は目や鼻だけではなく、歯と口周りによっても大きく変わります。例えば歯並びを正しく整えると周囲に対する印象はずっと良くなるでしょう。そして審美歯科治療を受けた本人も自分の歯に自信を持てるようになり、人前で笑うことにためらいを覚えなくなるなど明るく振る舞えるようになるといわれています。

このようなことから審美歯科は見た目だけではなくその患者さんの心の中までケアすることができるともいわれています。
歯科医療は生活の質(Quality Of Life)に関わることができる医療と言われているのもこのような面も1つの要因であると考えられます。

見た目だけではない審美歯科のメリット

審美歯科は名前が先行してしまい、機能の回復よりも見た目を良くする、というイメージが非常に強いですが、現在の歯科治療においては綺麗な治療は機能の回復にも大きく寄与します。例えばむし歯治療の際にはめた銀歯をセラミック系のものに変えるとします。セラミックは白く自然な仕上がりなのでまず見た目が分かりやすい違いかもしれません。しかし、大きなメリットとしてはセラミックなので、保険の金属と違い溶けることはなく、金属イオンが溶け出して歯茎が変色することや金属アレルギーを引き起こすといったリスクも回避できます。

その上、接着に関しても、金属とは歯は合着といって物理的にくっついていますが、セラミックと歯は接着といって化学的に結合することで漏洩が少なくなり、むし歯になるリスクも減らすことができます。また、小さいむし歯があった場合、今までは間接修復のために大きくむし歯ではない所も削っていたのが、ダイレクトボンディングという処置ではむし歯のところだけ削り、そこだけ修復ができます。

なるべく自分の歯を削らずに残していくということが可能になります。
このように審美歯科にすることによって見た目の改善だけではなくご自身の健康にとってプラスの作用をもたらすこともできます。

審美歯科における治療メニュー

当院では患者様のご要望や状態に合わせてひとりひとりに最適な治療を提供しています。
以下にその一部をご紹介します。

1.オールセラミック

セラミックとは陶器の一種で、白く滑らかな表面が特徴の材質です。周囲の天然歯の中にあっても非常に自然に映るため主に前歯に用いられますが奥歯にも利用可能です。また金属を使っていない素材なので金属アレルギーを引き起こす心配がなく、金属イオンが溶け出して歯茎を変色させることもありません。
ただし強度においては金属に劣るときもあり、強い力が加わると割れたり欠けてしまったりすることもあります。

例)30代の女性で向かって左には保険治療の被せ物、向かって右は神経の治療後詰め物だけがしてありました

Before

After

2本をオールセラミッククラウンにすることで、口元の印象が大きく変わりました。

自費治療:1本11万円(税別)×2本

2.セラミックインレー

銀歯の代わりとして用いられる詰め物です。銀歯は金属特有の光沢があるため他の天然歯の中でどうしても目立ってしまいます。それに対してセラミック製のインレーは白く滑らかな表面をしているため、他の歯の中に並んでも違和感がありません。

3.ダイレクトボンディング

セラミックとは違い、直接詰めて修復する治療です。治療技術としては新しい治療法になりますが、直接詰めて歯科医師が、歯の形をその場で再現していきます。

直接修復のため、むし歯以外のところ削る必要がないこと、マージン(歯と修復物の境目)が分かりにくい事、型取りする必要がないことのメリットはありますが、形をその場で再現していくため1回の処置時間を多めにとる必要があります。

Before

詰め物を取り除きました

After

自費治療:1本4万5千円~(税別)

保険診療と自由診療

審美歯科で提供される素材のほとんどは自由診療となります。
『自由診療』とは保険証の範囲外の治療のことで、治療費が全額自己負担となります。そのため保険証の範囲内で自己負担額が三割の『保険診療』と比べるとどうしても高額になってしまいがちです。

そのように聞くと「審美歯科はお金持ちのための治療なのか」とか「見た目を気にする人のための贅沢な歯科治療」と思う人がいるかもしれませんが、決してそうではありません。自由診療である審美歯科を選ぶことでトータルでかかるコストを抑えられる場合があるのです。

上でも述べたように保険診療で提供される銀歯は金属イオンが溶け出して歯茎を変色させたり、金属アレルギーを引き起こしたりする危険性があります。それらの治療には多くの費用が必要とされることでしょう。また歯並びを整えることでブラッシングがしやすくなり、むし歯や歯周病を防ぐことが容易になって未来にかかるはずだった治療費を抑えることができるかもしれません。

このように審美歯科は最初の費用こそ保険診療に比べて高く感じられるかもしれませんが、良いものを長く使うという精神に則った素材が多いので、健康的な状態を長く維持することができるようになるのです。

歯科治療において気を付けるべきこと

このようにメリットの多い審美歯科ですが、中には治療を受けるべきか慎重に判断しなければならないものもあります。歯に白さを出すためにまだ健康な歯を削って被せものをする、という治療はその一例です。
この治療法は通常のホワイトニング(薬剤で歯を白くすること)に比べて短期間で歯を白く見せることができるというメリットがありますが、必ずいずれかの歯を削らなければなりません。その歯がどれだけ健康な状態でもです。しかし歯は削られることでその寿命を必ず短くしてしまいます。

当院では天然歯を残すことを第一に考えております。患者さまの天然歯になるべくダメージを与えることなく美しさを出す、そんな審美歯科治療を提供しています。