ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは

なるべく歯を削らずに元の歯の形態や、前歯の隙間を審美的に回復する治療法で、保険治療ではなく自費治療となります。

1歯:5万円~  虫歯の大きさによって変動します

使用する材料はコンポジットレジンですが、自費治療用のものを使用しているため、保険治療では認められていない病名のつかない歯牙に使用ができます。劣化しづらいことに加え、多数の層を積み重ねることにより天然歯となじみ、失われた部分を再構築します。

色・艶・変色・摩耗性そしてトータルの耐久性に優れ、より審美的です。

小さな虫歯でも、奥歯の保険治療では大きく削って銀歯となってしまいますが、ダイレクトボンディングでは虫歯だけを削るため、最大限に歯を残すことができ、歯の寿命にも関わってきます。一度しっかり治療し、長期的な安定を得るのか、ある程度のもので数年おきに治療に治療を重ねるのか、歯の寿命に大きく関わる治療法になります。

利点 欠点
ダイレクトボンディング 歯を削る量が少ない
審美的
適合が良い
再治療のリスクが低い
修理ができる
治療回数が少ない
保険が効かない
術者の技量に差がある
着色することがある※1
適応症に限りがあ※2
銀歯 保険が効く 歯を削る量が多い
再治療のリスクが高い
審美的でない
金属アレルギーの原因

※1.研磨することで元の色に戻すことができます
※2.虫歯の範囲が広い場合
強い歯ぎしりの習慣がある方
咬み合わせが強い方 など

マウスピースの使用をおすすめする場合もあります。

治療例

《Case1》以前保険治療で詰めた銀歯・プラスチックをきれいにしたい

治療前

銀歯・プラスチック・虫歯の除去後ラバーダムを用いて治療していきます

ダイレクトボンディングにより天然歯になじんだ詰め物となりました

ラバーダムとは

<ラバーダムに使用する器材>

ゴムのシートでできたマスクのことをいいます。ダイレクトボンディングに使用する接着剤や詰め物は、水分があると最大限の力を発揮できません。

ラバーダムを使用することによりお口の中の湿気を排除することができ、より精度・耐久性のよい詰め物となります。

治療例

《Case2》虫歯治療を、銀歯以外でお願いしたい

虫歯を除去したところセラミック治療では厚みが必要で2mm近く深く削る必要があります

虫歯だけをピンポイントに削る、大きく削る必要のないダイレクトボンディングで行いました

ラバーダム除去後、研磨大きく歯を削らずに済みました

《Case3》虫歯が深く進行している、なるべく長持ちする治療を希望

虫歯除去したところ

唾液をしっかり排除し詰めた直後

ラバーダム除去、研磨後違和感なく詰めることができました