小児歯科

小児歯科学会専門医がいる小児歯科

小さなお子様は甘いお菓子や糖分が多く含まれたジュースを好むことや、セルフケアの大切さをきちんと理解していないことなどからむし歯になりやすいと言われています。また大人に比べて歯自体の免疫力が弱いことも特徴です。そのためお子様の歯と口内の健康を守るのは親御さんの役割だということができます。しかし例えむし歯になって痛がったとしても歯科医院=歯医者に行くのを嫌がり、困ってしまったという経験はないでしょうか。

小児歯科ではお子様がリラックスして歯科治療を受けられる環境をつくり、治療だけではなく予防の観点からもお子様の歯と口内の健康を守ることを使命としています。内装であったり、スタッフの対応の仕方でお子様に安心感を抱かせ、スムーズに治療を行えるように心がけています。なるべく痛みや負担の少ない工夫をすることで歯医者に対する恐怖心や苦手意識を取り除くことができればと考えています。

しかしお子様の歯と口内の健康を考える際に最も大切なのは治療よりも予防です。定期的なメンテナンスを行い、むし歯になることを未然に防ぐことができれば歯科医院に対して苦手意識を抱くことがそもそもなくなるでしょう。そうすることで歯科医院を訪れることが習慣化され、親離れしたあとも自ら定期的なメンテナンスを受けるようになり、健康な歯を長く使っていただけるという好循環が生まれるのです。

当院では相模原市緑区で唯一の小児歯科学会専門医の女性歯科医を筆頭に歯科衛生士はもちろん、小さなお子様への対応に長けた保育士や食育等の栄養の観点から携わる管理栄養士がチームアプローチで、安心して治療を受けられる環境を整えています。

そして、予防だけでなく大学病院と同様に、もし他の歯科医院で断られたりしてしまったお子様も受け入れらる治療体制にしておりますので、お子様の歯でお困りの方は、セカンドオピニオン等も含め一度問い合わせをして頂けたら幸いです。

小児歯科の治療メニュー

フッ素塗布

乳歯は永久歯に比べると免疫力が弱く、むし歯菌の影響を受けやすいという特徴を持ちます。そのため子供の歯は大人よりもむし歯になりやすく、また一度なったあとはその進行スピードも早いといわれています。むし歯になってしまったら一日でも早い治療が必要とされますが、最も汚れが溜まりやすい歯と歯のあいだは肉眼では充分に確認できない場合があるのでレントゲンを用いながら注意深く観察していきます。

またこの時期のお子様に効果的なのが歯の表面へのフッ素塗布です。フッ素を塗布することで歯の再石灰化が促進され、免疫力が強まり、その結果としてむし歯になりにくい性質がつくられます。当院では無料のフッ素塗布を行っているので希望される方はお気軽にお申し出ください。

お子様に合わせた治療器具

小児歯科ではお子様がリラックスし、恐怖心を抱かないことに注意を払っています。そのため治療器具も一般歯科とは違い、お子様に適したものを採用しています。例えばドリルのような強烈な音が出ないものを使うことで恐怖心を和らげることができます。
またラバーダムという、根管治療の際にも用いられるゴム製のマスクを必ず使うようにしています。これを使うことで治療自体の精度を上げることができ、且つ感染予防にも効果を期待することができるのです。

シーラント

小児歯科において大切なのは治療よりも予防です。つまりむし歯になったあとに治療するのではなく、そもそもむし歯になることを防ぐことが一番だといえます。そのために有効な手段の一つが前述したフッ素の塗布ですが、これを行うことで歯の免疫力が強化され、むし歯になりにくくなります。
またブラッシングを徹底することでもむし歯を防ぐことはできます。しかしお子様の歯は凹凸が多く、とくに奥歯は汚れが溜まりやすいためむし歯になりやすいと言われています。それを予防するのがシーラントという方法です。シーラントは奥歯にある溝や凹凸を補填材で埋めることでそこに汚れが溜まることを物理的にブロックしようというものです。アメリカにおいてはお子様だけではなく大人の予防歯科でも使われている方法であり、その効果は確かだということができます。

ブラッシング指導

歯科医院でどれだけ治療やケアを行っても自宅で行うセルフケアを徹底しないことにはむし歯を防ぐことはできません。当院ではお子様に対するブラッシング指導にも注力していますが、お子様だけではなく保護者の方に対する指導をメインにしていることに特徴があります。これは小さなお子様は歯ブラシの扱いにまだ慣れておらずどうしても磨き残しが出るため、保護者の方による仕上げ磨きが大切だと考えるからです。

永久歯の中では一番先に生えてくる第一大臼歯(通称「6歳臼歯)が最も虫歯になりやすいと言われています。これは最も奥に生えてくるものであり、そのため見えづらいことからどうしてもブラッシングが疎かになってしまい、その結果として汚れが溜まりやすくなります。お子様の歯と口内の健康を保護者の方がどれだけ意識を持って注意できるかにかかっていると言って過言ではありません。年齢的に6歳臼歯が生え揃うまではお子様のブラッシングのあとに口内をチェックし、磨き残しがあれば仕上げ磨きをしてあげてください。

またお子様はまだ口が大きく開けられず、乳歯自体も小さいため、市販の歯ブラシではうまく仕上げ磨きをしてあげられないことがあります。お子様の歯に適さない歯ブラシを使うことでお子様が歯磨き嫌いになってしまうこともあるかもしれません。そのため当院では乳歯を磨くことに適した歯ブラシを準備しています。ヘッドが小さく、毛先も柔らかいのでお子様も嫌がることなく仕上げ磨きをさせてくれるはずです。ご興味のある方は窓口にてお買い求めください。

生後半年から始まる小児歯科

当院では、最も早くて生後半年のお子様から検診を受けていただくことができます。検診の中でいかにしてむし歯になることを防ぐかの指導をしています。
ほとんどの場合、産まれたばかりの赤ん坊の口内にはむし歯の原因となるむし歯菌は存在していません。それでもやはりほとんどの人がいずれむし歯になるのは、いずれかのタイミングで他の人の口内にいるむし歯菌がうつり住んでくるからです。小さなお子様の場合には家族内からうつってきます。お母さんとの食器の使い回しや、自分の唾液がついた手で赤ん坊の口に触ることなどが原因です。
そういったことを予防するためにも、赤ん坊へのブラッシングの仕方や食育などお子様の歯と口内の健康を守るための方法を総合的にアドバイスいたします。

小児歯科では年齢上限はとくに設けていませんが、一般的には永久歯が生え揃う中学校に上がるくらいまでのお子様が受診されています。事情が許すのであれば赤ん坊の頃から中学生まで一つの小児歯科にかかることをおすすめします。そうすることでそれまでの治療歴が活かせますし、担当医と信頼関係を結ぶことでよりリラックスした状態治療を受けていただけるようになります。

丁寧なコミュニケーション

小児歯科における治療においては常にお子様に話しかけるように心がけています。よく予防接種注射の際に小児科医の先生がする方法ですが、そうすることでお子様の意識が他に向き、痛みや恐怖心をまぎらわせることができます。

またお子様に対しても一人の患者として尊重し、治療内容の説明をきちんと行うようにしています。そうすることで何をされるのかがわかるので恐怖心を和らげる効果を期待できますし、この治療はどのようなものであるのか、なぜセルフケアが必要なのか、それを怠るとどうなるのか、など治療の意味合いを少しでも理解してもらうことができます。また会話を重ね、コミュニケーションを密にすることでスタッフとお子様とのあいだに信頼関係が結ばれていき、治療をスムーズに行えるようになります。するとお子様は歯医者は決して怖くない場所なんだと思うようになり、次第に積極的に治療を受けてもらえるようになるのです。

小児矯正

歯列矯正=歯並びの矯正はなるべく早く始めることをおすすめします。まだ小さいうちは歯も動きやすく、それだけ矯正も容易となります。反対に大人になって歯が生え揃ってから矯正をしようとすると場合によっては顎の骨を切断するという外科的な治療が必要になることもあるのです。

小児矯正=お子様の歯並びの矯正は見た目の問題だけではありません。歯並びを整えて滑らかにすることで凹凸を最小限にすることができ、ブラッシングが隅々まで行き届くようになります。それによってむし歯になるのを未然に防ぐくことが可能となります。

また噛み合わせが悪いとうまく咀嚼ができず、硬いものを嫌がって適切な栄養摂取ができなくなるという事態を招いてしまうかもしれませんん。正しい食事は成長するうえで不可欠な要素です。そのためにも歯列矯正は正しく行う必要があります。

当院では月に2回、矯正治療を専門にしている女性歯科医に来院していただき、お子様ひとりひとりに最適な歯列矯正を提案しています。小児治療も経験されたことのある方なのでお子様の健康的な発育を総合的にサポートすることができます。

歯並びが乱れているとこんなリスクが

歯並びの不正(乱れ)があると口内や隙間が増え、それだけ食べかすや汚れが溜まりやすくなり、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また咀嚼に影響を及ぼすようだと消化不良を起こしたり、偏食になったりと食育・発育の観点からも看過できません。お子様の歯並びが気になる方はなるべく早く当院までご相談ください。

歯並びの乱れから引き起こされるリスク

  • 口内に凹凸や隙間が増え、ブラッシングが不充分になりがちになる。結果として虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 舌の位置がずれ、発音や滑舌に支障を来たす
  • 咀嚼に影響を及ぼし、消化不良や偏食を招く
  • 姿勢が悪くなることがある
  • 見た目にコンプレックスを抱くようになり、内気な性格になることがある

小児歯科医長 遠藤奈保

略歴山形県鶴岡市 出身
国立新潟大学歯学部 卒業
新潟大学医歯学総合病院小児歯科学分野にて研修医
神奈川県内の小児歯科専門歯科医院にて勤務 所属学会小児歯科学会

小児歯科治療においては常にお子様とコミュニケーションを取ることを第一に考えています。常にリラックスしてもらい、歯医者さんに対して苦手意識・恐怖心を抱かせないことで定期的なメンテナンスを嫌がらなくなり、口内をずっと健康な状態に維持していければと思っています。またこれは小児歯科に関わらず全ての歯科治療に言えることですが、生まれ持った天然歯を長く使っていけることが最も大切だと考えるので、削る治療の場合にもその範囲を最小限に抑え、歯に対するダメージをなるべく少なくするように心がけています。
お子様の口内は環境の変化が激しく、常にむし歯や歯並びの不正などのトラブルの危険に見舞われています。保護者の方が意識を持って注意してあげることでそれらを防ぐことができるので、是非一度当院にお越しください。