相模原で小児歯科をお探しの方へ

小児歯科とは

小さいお子様がおじいちゃんやおばあちゃんになるまで、ご自身の歯でずっと食べられるように、そして順調に成長発育してずっと健康で過ごせるように、良い生活習慣を身に付けるお手伝いをさせていただいています。

お子様の歯や食べ方などでお困りの方は、セカンドオピニオン等も含め、ご相談下さい。

小児歯科の専門性とチーム医療

お子様の歯科診療は、乳歯の治療を永久歯への生え変わりも考慮しながら行うので、一般歯科診療と大きく異なります。

当院では、相模原市緑区で唯一の小児歯科学会専門医をはじめ、小児歯科担当の歯科医師・歯科衛生士などスタッフは全員女性で、小さなお子様への対応に長けている保育士、食育等の栄養の観点から携わる管理栄養士も一緒に、チームで小児歯科診療を行っています。

親御さんだけでなく、お子様にも治療手順や内容を丁寧に説明するように心掛けています。

小児歯科専用の診療室

お子様がリラックスして歯科診療を受けられるような環境を作るように努めています。

小児歯科診療室は、当院一般歯科と完全に分けています。それだけでなく、小児歯科専用受付、気兼ねなく遊んでもらえる小児専用待合室を設置しました。

スタッフの服装や院内の雰囲気を工夫して、お子様が安心して来院しスムーズに診療が受けられるようしています。さらに、お子様に適した器具を使用し、なるべく痛みが少なくなるように工夫することで、歯科診療に対する恐怖心や苦手意識を取り除くことができるように心掛けています。

何歳から歯医者さんに行けばいいの?

当院では、歯が生え始めたら、もう歯科医院にかかっていただきたいと考えています。

むし歯にならないようにお口の中の健康を維持するには、全くむし歯がないうちから歯科医院で継続的にしっかり診てもらうのが最善策です。むし歯になって歯を削られるのは怖いし、嫌なのは大人も子どもも一緒です。そして頑張って治療しても、一度削るともう元通りの歯は戻ってきません。だからこそ歯を削らないようにするために、歯みがき指導やシーラント、フッ素塗布のようなむし歯予防処置や食事指導等を重点的に行っています。

そして、歯科でできることはむし歯予防だけではありません。離乳食やお子様の食べ方に関する様々なお悩み、歯並び・咬み合わせについての不安や疑問にも、専門的な観点から成長発育に応じて話をしています。もちろん、歯が生える前のお子様も診察しています。お口の中の心配事がありましたら、まだ歯が生えていなくてもご相談ください。

怖がりさんでも大丈夫

他院で治療ができなかったお子様の対応もしています。障がいをお持ちのお子様もお越しください。絵カードを使った視覚支援なども行っています。

乳歯のむし歯も治療が必要!

「乳歯はいずれ抜けるから治療しなくても良いのでは?」と聞かれることがあります。

しかし、乳歯のむし歯をそのまま放置しておくと、次に生えてくる永久歯に悪影響を及ぼすこともあります。永久歯がしっかり生えるために、そして永久歯をずっと使い続けるために、小さなお子様でもまずはきちんとした治療が必要です。

お子様に合わせた治療器具

小児歯科では、お子様がリラックスして診療を受けられるように、できる限り注意を払うように心掛けています。治療器具も一般歯科とは違い、お子様に適したものを採用しています。歯を削る器材は、通常のドリルのような強烈な音が出ないものを使うことで、恐怖心を和らげるようにしています。

また、痛みを少なくするように麻酔をする際にも工夫をしています。平らな診療台も用意し、特に小さなお子様はベッドに寝る感覚で、楽に、そしてもし動いてしまっても安全に診療を受けることができます。

治療の際には、ラバーダム防湿法という方法を使います。お口にラバーシートをかけることで、舌やお口の中を怪我したり何かを飲み込んだりすることなく安全に治療ができ、また唾液の混入がない精度の高い治療をすることができます。お口やお鼻は塞いでいないので、いつも通りの呼吸ができます。

3か月ごとの定期検診

必要な治療があればしっかり行った後に定期的な検診とメンテナンスを行うことで、新たなむし歯ができたり、歯並び・かみ合わせが悪くなることを未然に防ぐことができます。歯科医院に対して苦手意識を抱くことなく、定期検診とメンテナンスが当たり前の習慣になり、親離れしたあともお口の中と全身の健康が維持できる好循環が生まれるのです。

定期検診では、お口の中のチェックとともに、お子様の年齢や歯の生え具合、生活環境の変化などに応じて様々なことを提案させていただいております。

必要に応じてレントゲンを撮ることで、肉眼では見えにくいむし歯の早期発見をするだけでなく、永久歯の位置や成長を確認するのも、小児歯科でチェックすべき重要な項目です。

歯をぶつけたり、口の中を切ったりした時には・・・

大丈夫だと思ってもできる限り早めにご連絡いただき、受診することをおすすめします。何か処置が必要な時には、迅速に行う方が良い場合が多いからです。もし、歯が抜けたり欠けたりしたら、抜けてしまった歯や欠けた歯のかけらがあれば、手であまりいじらずに牛乳に浸けてお持ちください。

小児歯科医長

国立新潟大学歯学部卒業
国立新潟大学 小児歯科学教室入局
神奈川県内の小児歯科専門医院に勤務
日本小児歯科学会 専門医

小児歯科診療で常に心掛けているのは、親御さんだけでなく、お子様と丁寧にコミュニケーションをとることです。

私自身、子供の頃に歯医者さんで何をされるかわからずに怖いと思い込み、通院自体が大嫌いでした。そんな私が小児歯科医になった今は、はじめは泣いていたお子様が、ニコニコして入室し、何でも上手にできるようになったり、むし歯治療を頑張ったお子様が、食べ物や歯みがきに気をつけて新しいむし歯を作らないようになったり、お子様が笑顔でバイバイやハイタッチをしてくれたり、そんな場面に立ち会えた時が、一番嬉しいひと時です。

これからも、お子様がずっと健康で過ごせるように、お手伝いをさせていただきます。