歯周病を治すためには?

最近は少し前に比べて涼しくて過ごしやすい日が続いてますね。

 

副院長の木村です。

 

当院では、お口の中の健康を目指すために、様々な治療に取り組んでおります。

その中でも1番大事な歯周病治療に関しては、大阪から歯周病専門医の寺嶋先生に来て頂いて、

歯科医師・衛生士に向けて講義をして頂いています!

 

先日は、難しい歯周病治療を寺嶋先生にオペして頂きました!

 

[実は2回目です]

担当医がアシスタントとして入り、真近で技術を見ることができてとても勉強になりました!

 

そして、その翌日には医院の歯周病治療の流れを見直し、

より良い治療を提供できるようにディスカッションしました。

 

少しでも私たちの想いが伝わりますように…手お願い

午後には今までの講義の最終段階として、

豚の下顎を用いて実習をしました。

歯周外科手術と言って、名前を聞くと仰々しい感じがありますが、

歯周病治療を成功させるためにはとても大事な治療のひとつです!

 

1番は毎日の歯磨きを上手にできるようになることが大事ですが、

どんなに頑張ってお掃除をしたり、歯磨きをしても、治らないものは治りません…

 

・器具が届かないくらい深いところに歯石がついている

・歯茎がなくなってしまって磨きにくい

・歯茎が下がって歯がしみて磨けない

 

など様々な状況で、歯周外科手術をすることで改善できる場合があります。

 

これはそんな歯周外科手術の1つを豚の顎で実習した私のケースです。

寺嶋先生に豚マイスターの称号をいただきました(笑)

 

すべてはご自身でのブラッシングをしやすい状況を作るための治療です。

 

質問などありましたら是非ドクターまでご相談ください。