40代女性 前歯の被せ物の見た目が気になりセラミックで治療した例

ご相談内容 昔治療した前歯の見た目が気になっており、変色のないセラミックできれいに治したいとのことです。また、歯の黄ばみも気になるとのことでご相談くださいました。
診断結果 昔の被せ物は保険治療適応のもので、内側に金属を使用しているため付け根が黒く透けてしまっており、表面のプラスチックも劣化して変色している状況でした。
治療方針 まず被せ物を仮歯に置き換え、歯の黄ばみに対してホワイトニングを、前歯の被せ物は今後も変色や劣化がないものを希望されていたため、ジルコニアクラウンを提案しました。
治療期間 仮歯に変えたのち、ホワイトニングは2回行い、最終的な被せ物の形を相談しつつ仮歯の調整を行い、最終的な被せ物の装着まで3ヶ月程の治療となりました。
費用 治療総額:39万円(税別)
経過 術後の経過は良好で、現在は定期検診で通院していただいています。
色や形についてもご満足いただけました。
リスク ・セラミックも十分なメインテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりや高度の高いものを誤って噛んだりぶつけたりすると欠けてしまうことがあります。

治療前

治療後