食育

なぜ、歯医者に管理栄養士??

そう思われるかもしれませんが、お口は食事のスタート地点であり、身体全体の健康と密接に関わっています。

砂糖の取りすぎは虫歯の原因になります。また、せっかく虫歯を治療しても、甘いものばかりを食べていると再び虫歯になってしまいます。虫歯を防ぐには、歯磨きや定期的なクリーニングに加えて、糖質コントロールなど食習慣の改善も大切です。また、食習慣の改善は、生活習慣病の予防にもつながります。

歯周病は「生活習慣病」の一つです。歯周病は糖尿病・メタボリックシンドローム・動脈硬化といった疾患と深く関わっており、お口の中だけでなく身体全体に影響を及ぼす病気です。歯周病の原因は、歯垢の蓄積の他に乱れた食生活やストレスが挙げられ、食習慣も改善することで歯周病発症のリスクを大幅に下げることができます。

身体が必要な栄養を生涯摂るためには、しっかりとご自身の歯で噛むことが大切ですが、虫歯や歯周病が悪化すると、ご自身の歯を残すことが難しくなる場合があります。無くなった歯を補う方法はいくつかありますが、あくまでも人工物です。個人差は大きいですが、それまでの食事と比べると食べやすい形態のものに偏りやすくなり、健康状態に影響を及ぼすだけでなく、食事の楽しみも減ってしまうのではないでしょうか。そうなる前に、虫歯や歯周病の予防・治療に加えて、私たち管理栄養士と一緒に食習慣を見直しませんか。

当院では、毎週木曜日の午後に無料で栄養相談を承っております。どなたでもお気軽にご相談ください。詳しくは、受付またはお電話でスタッフまでお伝えください。

虫歯から守ろう

実は、永久歯が生えてこないお子さんも少なくありません。そのためにも、乳歯でも虫歯から予防することが大切です。

早いうちから甘いお菓子やジュースを摂りすぎてしまうと、虫歯になりやすくなるだけではなく、味覚の発達や偏食にも影響を及ぼします。だからと言って、おやつをあげないのはかわいそう…と思う親御さんも多くいらっしゃると思いますし、おやつをあげてはいけない、というわけではありません。

おやつには、三度の食事を補うことや心の豊かさを育む役割があり、どんなものをどのように食べるかが重要になってきます。

お子さんの健康的な成長に食事は欠かせないものであり、その食事を選択できるのは親御さんです。お子さんは自分自身で管理できない分、予防をしっかり行うことがとても大切です。虫歯の治療や定期健診と合わせて、おやつの食べ方やバランスの良い食事を提案させて頂き、お子さんの健康的な発育の力になれたらと考えています。

お子さんの栄養相談に関しましては、小児歯科専門医と一緒に承っております。診療でご来院された際、または栄養相談のみでも、お気軽にご相談ください。