ひまわりに囚われた夏❸

 

この夏はずっと待っていた、ひまわりが咲くことを。

 

陽が当たるように位置を変え

 

霧吹きで水をあげ

 

たまに話しかけたりもした。

 

 

私の一時の油断で ものすごく元気がなくなってしまい、

 

お疲れモード。

 

 

犬も心配そうにしてる

 

でもそこからなんとか持ち直して

 

 

 

咲いた。ひまわり咲いた。

 

 

だけど…

 

すぐに力尽きて、しおれてしまった。

 

最後の力を振り絞って咲いてくれたのかな

 

もっと大きくなるはずだったろうに。

きれいな花、元気いっぱい開くはずだったろうに。

 

グッバイサマー。

 

でも、

ふと、下を見たら、

また新たな息吹が。

ひまわりの夏は終わらないみたい。